フリード君の小説講座出張版
〜シャイニングとシャドーの小説講座〜

2.「小説」を書く準備!

B-Shining.jpg 「基本的な文章作法を押さえた後は、次は書く準備だね」

「準備? もう書き始めたらいいんじゃないの?」
(゚д゚ )
カール

B-Shadow.jpg 「じゃあどうやって書き始めるんだ?」
B-Shining.jpg 「ここで言う準備、っていうのは何で書くか、っていうことだね」

「というと?」
(゚ω゚ )
フリード

B-Shadow.jpg 「文章ツールのことだ」

「文章ツール?」
(゚д゚ )
カール

B-Shining.jpg 「一般的なのは、テキスト文書かワードパットとかだね」

「ファイルの形式のことですか?」
(゚ω゚ )
フリード

B-Shadow.jpg 「ネット上に文章をアップしたり投稿したりするなら、
パソコンで小説を書いてると思うが、
その小説を保存する形式だとか、
執筆の環境ってのも少し考えた方がいいな」

B-Shining.jpg 「投稿フォームに直接打ち込んでいたら、
戻るボタンで消えちゃった、なんてこともあるしね」


「折角書いたのに消えちゃったらショックだなぁ……」
(゚∀゚;)
フリード

B-Shadow-Tozi.jpg 「メールとかならまだしも、長い小説でやっちまうと致命的だな」
B-Shining.jpg 「それを防ぐためにも、
バックアップの意味も兼ねて自分のパソコン上で執筆して
ファイルを残す人がほとんどだと思うよ」


「書き上がったら投稿フォームとかにコピーして貼り付けるんだな」
(゚д゚ )
カール

B-Shadow.jpg 「で、そうするための小説本体をどんなツールで書くかだ」

「テキストとワードが挙げられましたけど、何か違いが?」
(゚ω゚ )
フリード

B-Shadow.jpg 「結構違うんだなこれが」
B-Shining.jpg 「ワードはスペルミスや簡単な誤字脱字、
短期間に助詞が重複してるかどうかなんかが
波線でチェックされたりするから分かり易いんだ。
縦書き設定も可能だし、字数や行数も指定できるから、
書いた量も判断しやすいし、
執筆中のページレイアウトなんかも自分で自由にいじれる」

B-Shadow.jpg 「二段表示にしたり、見開きの本みたいなのにしたりとかな」

「へー、結構便利そうだな」
(゚д゚ )
カール

B-Shadow.jpg 「実際、便利な機能は多いな」

B-Shining.jpg 「ただ、ワードは起動にちょっと時間がかかったり、
多機能な分重いところもあって、
多重起動するのには向いてないかな」


「そんなにたくさん開く必要あるのか?」
(゚д゚ )
カール

B-Shining.jpg 「一個で十分、っていうのなら別にいいと思うけどね。
設定のメモとか、プロットとか、別ファイルとして保存してる人は
本編書きながら別のファイルを開いて
設定やプロットの確認とかもしてたりするんじゃないかな」

B-Shadow.jpg 「『白銀』は良くやってるからな」

「沢山のファイルを同時に開くとなると、ワードじゃ重いのかぁ」
(゚ω゚ )
フリード

B-Shadow.jpg 「ま、PCのスペックにもよるだろうけど、
その点はテキストに分があるな」

B-Shining.jpg 「テキスト文書の売りは何と言っても軽いことだね。
文章を書くのに最低限の機能しかないと言ってもいいほど
シンプルだけど、多重起動するのには向いてるからね」


「ということは、テキストの方にはスペルミスとか
誤字脱字をチェックする機能はないんですね」

(゚ω゚ )
フリード

B-Shining.jpg
「うん、そういう便利機能が一切ない分、動作は非常に軽快だよ。
ファイルサイズもほぼ文字だけの量だしね」


B-Shadow.jpg 「初心者はワードの誤字脱字やスペルミス、
助詞の重複チェック機能なんかは重宝すると思うぞ」


「確かに、それはありがたいなー」
(゚д゚ )
カール

B-Shining.jpg 「他にもフリーソフトで文章作成ツールは探せばたくさんあるし、
市販されてるものも結構あるね」

B-Shadow.jpg 「自分に合うものを探すもよし、
今あるもので間に合うならそれもよし、だな」


「自分にとって書き易い環境ってのも大事ってことですね」
(゚∀゚ )
フリード

前へ     戻る     次へ
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー