フリード君の小説講座出張版
〜シャイニングとシャドーの小説講座〜

7.まとめ!

B-Shadow.jpg 「と、まぁ、長々と話してたけどどうだったかな?」

「非常に勉強になる内容だったと思うのぅ」
(´ω` )
公爵


「はい、勉強になりました!」
(゚∀゚ )
フリード

B-Shining.jpg 「色々言ってるけど、
やっぱり『書くことを楽しむ』ってのも大事だからね」

B-Shadow-Tozi.jpg 「書くのが苦痛になっちまったらあんまり意味ないしな」

「聞けば聞くほど大変そうだなーとは思ったけどなー」
(゚д゚;)
カール


「でも、それで苦労して書いたものが面白いって言われたら
凄く嬉しいと思うなぁ」

(゚∀゚ )
フリード

B-Shining.jpg 「うん、実際それは素直に嬉しいことだよ」

「認められるということは喜んでいいことじゃからな」
(´ω` )
公爵

B-Shadow.jpg 「まずは一つ、
最後まで書き上げるところまで行くってのも大切だぞ」

B-Shining-Tozi.jpg 「物語を完結させると達成感もあるからね」

「まずはそこが目標かなぁ」
(・ω・` )
フリード

B-Shadow.jpg 「書かなきゃ上達もしないからな。
実際に書いて、思考錯誤しながらまた書いて、
少しずつ経験値を蓄積して慣れていくと
見えてくるものもあるからな」

B-Shining.jpg 「考えることや意識することも増えるけど、
そのうちそれが自然とできてくるようにもなるしね」


「やっぱり書いてみないとダメなんだな」
(゚д゚ )
カール

B-Shadow-Tozi.jpg 「実際にやってみないと分からないこともあるからな」
B-Shining.jpg 「あとは、人の読むとかね」

「あ、他の人の読むと書きたくなりますよね」
(゚∀゚ )
フリード

B-Shadow.jpg 「書こう、書きたい、
と思ってる人は少なからず刺激されるだろうからな」

B-Shining.jpg 「上手いと思った人の書き方は参考にするといいね。
文章とか言い回しを真似てみるとか」


「それってパクりって言うんじゃ?」
(゚д゚;)
カール

B-Shadow-Tozi.jpg 「というよりは職人の技を盗む感じだな」
B-Shining.jpg 「それに、やっぱり真似たとしても完全に同じ書き方なんて
その人じゃないとできないし、
そもそも全く同じ話を同じ文章で書くのは
ただのコピーになっちゃって意味ないからね。
あくまで、『真似て』『参考に』ね。
もしかしたら本人にだって同じ文章は
二度と書けないかもしれないよ」


「え、本人なのに?」
(゚д゚;)
カール

B-Shadow.jpg 「その時の書き方ってのがずっと続くんなら
上達なんてないしな。
誰でも少しずつ変わっていくと思うぞ」

B-Shining.jpg 「とはいえ、
その人のクセとか特徴みたいなのはあると思うから、
そこはそうそう真似できるものじゃないと思うよ」


「結局は自分の書き方を探すしかないんですね」
(・ω・` )
フリード

B-Shining.jpg 「そうだね、だから色んな書き方を真似たり参考にして、
自分が書き易い、伝え易いと思う
自分なりのスタイルってのを作り上げていくんだ」

B-Shadow.jpg 「それと、下手だと思う人がいたら、
どうして下手なのか、面白くないのかってのを考えてみるといいぞ」


「下手な人のも参考になるの?」
(゚д゚;)
カール

B-Shining.jpg 「自分が昔書いたものを見返すとかも同じだね。
面白くない、つまらない、下手、って思ったなら、
そうならないように、
って考えることが大事だよ」

B-Shadow-Tozi.jpg 「上手い人のは中々吸収するのは難しいかもしれないけど、
逆は違うからな」


「反面教師にするってことですか?」
(゚∀゚ )
フリード

B-Shining.jpg 「簡単に言えばそうだね」

「フリードも最初の頃に書いたものを見返すと、
今ならどう悪いのか分かるじゃろ?」

(´ω` )
公爵


「そうですね……あはは」
(´д`;)
フリード

B-Shadow.jpg 「ってわけでだな、ダメ出しされても、
ダメ出しされるってことは少なくとも
ささっと読んでもらえてるってことも忘れちゃいけないな」

B-Shining.jpg 「悪い点の指摘ってのは、
良い点を指摘されるより上達し易いはずだからね」


「そうなのか?」
(゚д゚ )
カール

B-Shadow-Tozi.jpg 「穴を埋めるより、塔を積み上げる方が大変だろうからな」
B-Shining.jpg 「そこを直せば少なくとも今より良くなる、ってことだからね」

「確かに、公爵に指摘されて直して行ったら
それなりに形にはなりましたもんね」

(゚∀゚ )
フリード

B-Shadow-Tozi.jpg 「ま、自分のこだわりがある部分まで変える必要はないけどな」
B-Shining.jpg 「欠点だと指摘されたところが
その作品で譲れない部分だったら、
欠点だと言われないようにするにはどうするか考えるしかないね。
でも、どうしても変えられないって結論が出たなら
そのままでもいいんだ」


「欠点だって言われてるのに?」
(゚д゚;)
カール

B-Shadow.jpg 「譲れない部分を書き直すってことは、
どうしてそれを書いたのか、
書こうと思ったのか、
って部分を無価値にするのと同じ場合もあるわけだからな。
そこまでする必要はないだろ?」

B-Shining-Tozi.jpg 「まぁ、内容とか深いところを欠点だって指摘されることは
そうそうないと思うけどね。
設定の矛盾とかなら、
もっと設定を固めて行けば解消されることもあるし、
文章の技術的なところなら、
それを直していけばスキルアップってことだし」

B-Shadow.jpg 「ま、ざっとまとめると大切なことは三つだ」
B-Shining.jpg 「一つ『文章作法』。
二つ『読み手がいることを意識する』。
三つ『最後まで書き切る』。
かな」

B-Shadow.jpg 「書くことを楽しむ、ってのも大切だけど、
これは大切なことって言うよりは、
書こうと思ったんなら当然できてるだろうしな」


「楽しくなかったら書かないですもんね」
(゚∀゚ )
フリード


「そうだよなー」
(゚∀゚ )
カール

B-Shining-Tozi.jpg 「まぁ、設定や物語の矛盾を指摘されたり、
展開がありきたりとか言われたり、
モチベーションが下がることもあるとは思うんだ」

B-Shadow.jpg 「フリードも言われただろうけど、
行き詰まった時に、どうするかってことだ」


「結末を考えておくとか、プロットをしっかり作る、
とかでしたっけ?」

(゚∀゚ )
フリード

B-Shining.jpg 「そう、ちゃんと結末や盛り上がる場面、
プロットが考えられていれば、
書きたい、って意識は強くなるはずだよ」

B-Shadow-Tozi.jpg 「『白銀』がメモを多く取ってる理由の一つは、
それだけ書きたいところがある、ってことだからな」


「あ、なるほど」
(゚д゚ )
カール

B-Shining.jpg 「簡略されているプロットの段階でさえ、
自分が面白い、最後まで書き切りたいと
思える展開やイベントが盛り込まれていれば、
それだけでもモチベーションは上がるはずだよ」

B-Shadow.jpg 「プロットになくても、
そういう書きたい場面や展開ってのを
簡単にメモしておくだけでも違うぞ」


「前回言ってたのはそういうことなんですね」
(゚∀゚ )
フリード

B-Shining.jpg 「そういうこと、『火竜』のプロットでも、
しっかりと書きたい展開や盛り上がる場面っていうのが
考えられていれば、少なくとも書き上げたいと思えるはずだよ」

B-Shadow.jpg 「何もプロットがすべてじゃないからな。
プロット以外にも、補足的なことをメモしたっていいんだ」

B-Shining.jpg 「『世界が救われた』っていうプロットの結末も、
しっかり設定が練られて盛り上がった末での展開なら、
ちゃんと説得力も持たせられるだろうし、
カタルシスは得られるはずだしね」


「そっか……」
(゚ω゚ )
フリード

B-Shining.jpg 「だから、あのプロットのままでも面白くできる、
って言ったでしょ?」

B-Shadow.jpg 「プロットにしたり、ふと思いなおしてみた時に、
『本当に面白いのか?』
って思うことは結構あるだろうけどな。
そんな時こそ想像力を働かせて、
面白いと思える展開や場面を考えるんだ」


「あぁ、なんか書きたくなってくるなー」
(゚д゚ )
カール

B-Shadow.jpg 「そうしたら、
自分が面白いと思えるものを
『他の人が面白いと思えるように』
伝えられるようにならないとな」

B-Shining.jpg 「ちゃんと最後まで書き上げられてこそ、
作品も輝くわけだからね」

B-Shadow-Zito.jpg 「大体、盛り上がる展開なんてのは終盤に多いしな。
そこまで行かずに止まっちまうのはもったいないぜ」


「確かに、やっぱり最後が一番盛り上がるもんなー」
(゚д゚*)
カール

B-Shining-Tozi.jpg 「作者が書きたいとこや展開っていうのも終盤に多いしね。
物語を完結した時の達成感、
物語を最後まで読み切った時の余韻っていうのは
中々いいものだから、是非味わって欲しいね」


「まだまだ学ぶべきことは多そうですね。
でも、書きたくなってきましたよ!」

(゚∀゚ )
フリード


「上達に終わりはないからのぅ、
二人とも頑張るんじゃぞ」

(´ω` )
公爵

B-Shadow.jpg 「そんじゃ、今回はこんなとこだな」
B-Shining.jpg 「最後に。
読んでくれた人には、
誰であれ感謝の気持ちを忘れないこと」


(゚∀゚)
フリード

「はい!」
(゚д゚)
カール

前へ     戻る        
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー